日本ギア工業株式会社
メンテナンスサービス
ホーム/メンテナンスサービス/バルブアクチュエータ診断装置「MAC(マック) Ver.6」

バルブアクチュエータ診断装置「MAC(マック) Ver.6」

MAC(マック) Ver.6

MAC診断は、電動弁のメンテナンスに多年の経験と実績を持つ弊社が開発した先進の電動弁診断サービスです。
従来の分解点検を外科処置を伴う検査にたとえるなら、MAC診断はセンサ技術を駆使した総合人間ドックに相当します。

電動弁は、モータ動力をウォーム→ウォームホイル→ステムナット→ステム(弁棒)と伝達するので、各部の挙動や状態はトルクの変化となって現れます。MAC診断は動作中のトルク変化を正確に計測することにより、包括的な健全性を短時間に定量化し確認・評価できます。

これにより、問題がなく正常に動作している電動弁を不必要に分解することなく、必要時のみピンポイントで分解修理を実施することが可能となります。

バルブアクチュエータ構造およびMACセンサ取付け位置(PDF)

MAC診断の特長

  • 電動弁の健全性を短時間で定量的に確認
  • 豊富な診断実績と優れた精度
  • 動作中のトルクを実測
  • トルク設定、リミット設定の現場再調整可能
  • 分解点検対象弁のスクリーニング
  • ヒューマンエラーの防止
  • 定検短縮、コスト削減に寄与
  • 国内原子力発電所の全電動弁に対応
主な診断項目
  • 設定トルク値不足
  • ランニングトルク値の挙動変化
  • バルブ引抜きトルク増大
  • ステムナット摩耗量
  • モータ電流値
  • モータブレーキ動作時間
  • 制御盤内の電磁開閉器動作不良
  • 異常振動(伝達系のガタ、ベアリング異常等)
  • リミットスイッチ動作位置不良
  • トルクスイッチバイパス動作位置不良
  • 弁体停止位置不良
MAC(マック) Ver.6
その他のバルブアクチュエーター診断装置